« ふたたび金魚屋へ | トップページ | 梅雨のまっただ中 »

2011年6月 9日 (木)

あなたは幸福ですか?

今、あなたは幸福ですか?P10008855_2

節電、省エネといわれている今夏をどう過

ごすかやきもきしている中、昔の人はどう暮

らしてきたのか考えてみるのもいいでしょう

。杉浦日向子さんの「一日江戸人」を読むと

当時の人たちは、夏になると夜具や布団を

質屋に預け、その金で銭湯に行ったり、

花火見物をしたりして楽しんでいたようです

。少しいいものが食べたくなると、朝や夕方のいささか涼しい時間に商いをして稼いでいた

ようです。何しろ、半月働けば後の半月は遊んで暮らせたのですからのんきなものです。

もちろん、交通事故も排気ガスの空気汚染もなくましてや放射能など皆無です。

確かに疫病が流行ったり、自然災害や大火は日常茶飯事だったようなので、それなりの

死生観があったのでしょうし、そもそも平均寿命は40歳そこそこだったので、開き直って

生きていたのかもしれません。しかし体中にチューブを入れられ延命させられて介護に身

内がへとへとになっている現代は本当に幸せな時代なのでしょうか?

リアルタイムで戦後の高度成長時代を生きてきてノスタルジックに昭和を語る私たちは、

ちゃぶ台が食卓から消え、家族が集うこともなく放射能にびくびくしながらお茶を飲まなけ

ればならない今の日本に幸福感を感じないし、やはりどこか物資的な豊かさと引き換えに

心に隙間風が入ってきてしまったような気がして、間違っていると思わざるを得ません。

« ふたたび金魚屋へ | トップページ | 梅雨のまっただ中 »

コメント

お、この本は未読だ。読んでみよう。
杉浦日向子の著書で私が好きなのは『江戸アルキ帖』(新潮文庫)。
江戸へタイムスリップするという想定で書かれていて、実に楽しい本。

震災は悲惨な事態になったけど、これまでの生活を見直し、これからどう進むべきか考え、変えていくいい機会としたいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あなたは幸福ですか?:

« ふたたび金魚屋へ | トップページ | 梅雨のまっただ中 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

他のアカウント

無料ブログはココログ

  • twitter
    ツイッターの入口です。

スピードくじ