« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月30日 (月)

連休スタート

001
今年のゴールデンウィークが始まった。そうそうに関越で大きな事故があった。

今年は昨年の自粛ムードとは違って、天候は悪いが人出は多そうだ。

桜も花が散り、季節は新緑へと進んでいる。ツツジやチューリップなど花がきれいな時期が

やってきた。ゆっくり心を休めつつまたこの国の事を考えてみるいい機会だ。

やはり、考えなくてはいけないのは夏に向けての電力問題と増税問題だろう。

太陽光を始め、自然エネルギーの電力が売れるようになった。電力会社が買い取ると

言っているがその分上乗せした電気料金が請求される。何のことはない、つまりソーラー

パネルなど発電装置をつけた富裕層の電気を庶民が買っているにすぎないのだ。

しかもこのパネル、経年劣化が激しく二年目の発電量は初年度の70~80%くらいに

落ちるらしい。そのうえ購入者の30%がトラブルによるクレームをつけている。

ただでさえ家庭用電気料金が10%の値上げが検討されている中、いったい誰がいい目を

みているのだろうと言う気がする。今まで一社独占企業に電力供給を任せ、黙認してきた

我々につけが回ってきたのだろう。他人に責任を押しつけるのは簡単だ。しかしそれで事

態が好転する訳じゃない。自己責任を認めて我々自身が対策を考えなければいけない

時代に入っているのだ。国や政府には頼っていられない。国は守るが個人は守ってくれな

いのだ。

小沢が無罪を勝ち取り増税反対のムードが高まってきたが結局、借金を後世に残すことに

は変わりはない。今消費税を上げようが、景気回復に資金投入して雇用を確保してから

増税をはかろうが、大勢に影響はないと思う。

長期展望にたって景気に左右されずに、子供たちに借金をしなくてもよい方法を真剣に考

えるべきだと思う。極論を言えば重篤な疾患をもった人と80歳以上で適用された人以外

生活保護を受けさせないとか、延命治療の合理化を図るとか、思い切った施策で福祉にも

メスを入れないと、働けない人じゃなくて働かない人のために我々労働者が汗水垂らして

いるばかげた構造は改善できないと思う。

この連休はそんな労働者にも少し休んでもらいたいと思う。(仕事の人も大勢いると思うが

・・・)

2012年4月20日 (金)

みんながんばっている

同業者のホームページやブログをたまに拝見させていただいている。

みなさん、いろいろ工夫されて特徴をうまく発信している。IT関連業者の勧誘も多い。

だが、日本の人口は年々減少している。これに対し、歯科医院の開業件数は6万8千件

を優に超えた。つまり患者の奪い合いの時代に突入しているのだ。しかも子供のう蝕罹患

率はめざましい低下をみせ、少子化も手伝って小児歯科を標榜している医院も小児の比

率はどんどん小さくなっている。

私たちはこのような状況下、どう対応していけばいいのか悩みは尽きない。

結局、自費患者に活路をみいだすのか、往診をはじめ老人をターゲットに患者の掘り起こ

しを図るか、或いは歯周病、義歯などの基本的な分野をこつこつやっていくか、その選択

肢は限られている。歯科大学の定員割れはもはや珍しいことではなく、学費の大幅な値下

げでかろうじて面目を保っているところもある。じゃぁ今までの授業料の高さは何だったん

だと言いたくなる。

太陽の活動も低迷期に入ったのではないかと言われている。歯科界ばかりでなく、この国

、いや地球全体が氷河期に突入していくのだろうか?

私たちは熟慮に熟慮を重ね、覚悟し、ソフトランディングの方策を見極める時期にきてい

るんだと思う。そう思うと今年の春は妙に寒い。

2012年4月12日 (木)

友と空中散歩 in yokohama

014123032145
019145
020145 033145 034145 ある天気のよい休日の昼下がり、横浜空中散歩と題して友達とランドマークタワーとマリンタワーに行って、空から横浜の街を眺めて来た。その高さの差は一目瞭然で、この秋に大阪のビルに高さ日本一の座を奪われるとはいえ、ランドマークから見た横浜の風景はまさに絶景だった。地元の街を一望できるというのは、スカイツリーや東京タワーなどと違って土地の目利きが利くので楽しい。

一方、かつて世界一高い灯台として知られたマリンタワーも今はその役目を終え
一時はその存続さえ危ぶまれていたが、観光タワーとしてなんとか頑張っていた。

私的には長年の風雪に耐え、存亡の危機も乗り越え、淡々とたち続けているマリンタワーの方が我が人生を重ねてみられる分、親しみを感じられる。いつまでも横浜を見守っていてほしいと思いながら帰路についた。

桜はいつも・・・

00212_200515 00111_2
00313
00414 北朝鮮が人工衛星と称するミサイル発射の脅威が迫っている。回復の兆しが見えていた世界経済がまた停滞してきた。
それに伴って円高となり、ソニーやパナソニックなど日本の一流メーカーはますます韓国や中国の進出によって窮地に立たされている。原発問題も遅々として進んでいない。
日銀が物価の上昇を期待しているが、思うように景気刺激ができず、原油高が物価を引き上げている主たる要因では全く意味をなさない。

現政府は増税路線まっしぐらだし、地震や天災による恐怖や不安も国民の心から離れない。
しかし八方ふさがりのこの国でも、この季節「何を小さい事でごちゃごちゃ悩んでいるんだ!たまにはゆっくり何百年もこの国で咲かせてきた私の華麗な姿を愛でてみなさい。」
そう言っているかのように、今、桜、真っ盛り・・・・・・

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

他のアカウント

無料ブログはココログ

  • twitter
    ツイッターの入口です。

スピードくじ