« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月29日 (火)

優しさと弱さ強さ

0022300123_2我が勝田歯科に新しいスタッフを迎えました。
衛生士の田端璃乃さんです。 どうぞよろしくお願いします。(従来の本間さんもよろしく)

ところで先日、保険診療の適正審査があり、的確な診療が行われている事が認められました。

これに先立つ二週間前に新しい治療いすを導入しました。座り心地がふわふわだと好評です。

さて今日はわが人生を少し振り返ってみることにしましょう。それはまさに波瀾万丈の生き様でした。根性のない意気地なしでわがままな性格にはとてもきつい時期がありました。人間関係の構築が下手で、何カ所もの医院をクビになりそのたび路頭に迷う事になったものです。面接に行く電車賃もない時さえありました。離婚も経験しました。

順風満帆な歯科医人生を送っている人には想像できない世界かもしれませんが、最貧時の一日の食費は300円を切っていました。

そんな経験が今何の役に立っているのかと言われても何の役にも立っていないのです。
ただ弱い人に優しくできる、そうその弱さの芯の部分が共感できることはよかったのかもしれません。考えてみればなんの重荷も背負っていない人間などいないのです。重さの差はあると思いますが人それぞれ影の姿があるものなのです。

私の周りにはどういうわけか、重いものを背負ってやってくる人が多いようです。弱者のオーラが漂っているのかもしれなません。がそうやって肩寄せ合って傷口なめあっている空間は私には心地よいのです。小市民的なスタンスが自分には合っているのでしょう。

そして私を頼ってくる人々のために出来る限りのことをするのが、自分の天職だと思っています。今こうして何とか生きているのがもし神様のおかげだとしたら、残りの人生を神様に恩返しできる唯一の方法は困っている人を助けることだと思います。

大切なことは、過去にとらわれずきっぱりと嫌なことを忘れて生まれ変わることです。何度でもやり直せる、あきらめない気持ちを持ちつつ限界が来たと思ったら、きっぱりあきらめる決断力も必要なのでしょう。みんなそこそこ頑張ってください!!そうやって周りの人たちに感謝しながら生きることが本当の意味で強い人間なのだと私は思っています。

 007123

2012年5月 8日 (火)

今日も散策

017

腰痛に もかかわらず、友人Jと今日も横浜散策に出かけてしまった。心地よい港の風はまさに心の清涼剤だ。

上から斎藤茂吉の文学展(神奈川近代文学館)、日本丸とランドマークタワー、日本丸船内、元町のペット用水飲み場、みなとみらい汽車道、横浜地方気象台、順不同だが、それぞれに思い出深い場所になった。小学生に戻った感じだ。特に元町はハマトラ時代の記憶がよみがえり、懐かしかった。フクゾーのシャツ欲しい!!

そういえば外人墓地でスターにしきのに会った。犬を連れてスターやってた。


007
011 016 010 014

2012年5月 7日 (月)

雑感

Photomakoto連休が終わり、ぎっくり腰になった。
身体が思うようにならないので、頭だけ働かせてみた。

Photomakoto2 最近の達成感に乏しい生活の原因の一つに便利さや経済効率と引き替えに失った、実感が感じられないともすればバーチャルに近い感覚が生活の中に忍び込んで来ているせいなのではないかという思いがある。

つまり、給与の支払いは振り込みで給料袋の札束の厚みを実感できない。
買い物もクレジットカードで財布から金が出て行く実感がない。
離れた恋人に電話するのでも公衆電話でコインがどんどん落ちていくのを気にしながら
短時間に一生懸命言葉を凝縮させて心を伝える事もなくなった。
さらに、デジカメの出現でフィルムカメラのように失敗が許されない緊張感を持って大事に
撮った一枚という感覚も薄れた。

卑近な例だが、自分の排泄物も水洗で知らないブラックボックスのような過程で処理されて
いく。むかしのようにバキュームカーや肥やし屋さんのお世話になってリアルに屎尿処理を
目の当たりにすることもない。

別にトタン屋根の生活が良いとかノスタルジーに浸っているわけではないが、そういった努力を重ねて得た達成感は今は流行らない根性や忍耐、我慢をする心を養うのには良い修行の場ではなかったかと思う。

部活などでも、ウサギ跳びは日常茶飯事だったし、練習中は疲れるから水飲むなと言われた。でもそれで膝を壊したり、熱中症で倒れたやつは今ほどではなかったはずだ。

繰り返すが過去が正しいとか今が悪いと言っているのではない。ただ今の便利さと引き替えに失ってしまったものも多いのではないか?みんなそれに気づいていないのではないか?それがこの国の現状を打破しようとする気持ちが若者に生まれてこない原因の一つなんじゃないかと言っているだけだ。


Photomakoto3

ほんの初老の人間の戯言でしかない。がひょっとして今の若者以上に健康で長生きするかもしれない。なにせ団塊の世代に結構尻たたかれた年代だからな。おじさんたちは・・・・
Photomakoto4

2012年5月 4日 (金)

天候悪い連休

001先月、友人と上郷森の家に宿泊した。

連休の谷間とはいえ、4組ほどしか客はおらずほぼ独占状態だった。

あいにく快晴とはいかなかったが、気持ちのよい曇天で森林を散策し体育館で運動し、

風呂に入り、夕食を食べた。友人とこれだけゆっくりともに過ごしたのも久しぶりで、心の

洗濯をさせてもらった。              

午前3時過ぎまでしゃべっていたが、価値観の合う人間との会話がこれほど快く渇いた喉

を潤す水のようなものだということをすっかり忘れていた。

自然に身を置き、運動し、旨いものを食べ、汗を流し、語らう。たった8千円の投資で

こんな贅沢ができることに心の底から感謝した。

幸福感というのはこんな事から得られるのだろう。ブータンが幸福度世界一な訳がわかっ

たような気がした。健康でいるうちにやりたいことをやっていきたい。

今年の連休は思いの外、天候に恵まれなかったが心身ともに晴れ晴れとして過ごす事が

できた。すべては神に感謝の日々だ。

 

007

008

006

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

他のアカウント

無料ブログはココログ

  • twitter
    ツイッターの入口です。

スピードくじ