心と体

2011年11月 7日 (月)

11月雑感  景気、日本、女性、資本主義、免疫・・・・・

02300111月になりました。でも暖かい日が続いています。あまり患者さんも多くないので近くを散歩しながら、いろいろな事を考えてみました。

今の世界を取り巻く状況、決して日本が安定的な経済状況ではないのに、どんどん円高になって国内産業を圧迫している。TPP問題もその本質がなんなのかを見極めないとますますこの国は窮地に追い込められていくでしょう。そもそも資本主義は既述の通り拡大再生産をしていかないと資本が増えないという大原則がある。みんな右肩上がりの構図を描いて生産していくので、受給のバランスが崩れると一気に不況に陥っていく。

ここで現状維持という選択肢は選べないのかと思う。保護主義を貫けという意味ではないが、江戸時代は完全に自国ですべてを賄い、しかも平穏な時代が長く続いた。

少なくとも地産地消を拡大して日本に必要なものは日本で作り、消費するという方向があってしかるべきだと思う。

江戸時代から何かを学ぶべきだと言うのが私の持論だ。そして今、女性の社会進出がめざましく各方面で活躍されている。しかし、まだまだ日本のビジネスは男性社会で雇用面や評価などで格差がある。しかも子育てや家庭を守るという重圧もある。強くなるのは当たり前かもしれないが、自分の主張ばかりして感情的になり、判断を誤る事があれば、自分にとっても社会にとってもマイナスだ。何も昔に返って家と家族を守って入ればいいと言うのではないが、看護師や精密機械工、料理研究、育児施設など女性の特性に特化した職業を国はもっと後押していき、男女がお互いの性質にあった形で社会参加した方がいいように思う。その意味でも江戸時代はある意味いい関係だったのではないだろうか?

さて日本で特徴的な産業構造の一つに空気清浄、殺菌、除菌、清潔、微香、そんなワードの商品が後を絶たない。99.9%除菌出来ますといえば、こぞって買い求める。

そしてその結果、過敏症や免疫力の低下による様々な弊害が起こっている。これは細菌と

殺菌剤との熾烈な戦いに特に子供達が商業主義の犠牲になっているに過ぎない。

もっと泥にまみれ、虫や花のような自然と共存していかないとますます虚弱体質になっていく。藤田紘一郎先生のおっしゃっているように昔はどの子のおなかにギョウ虫がいて、

いろいろな感染症を患って免疫力を上げていった。当然乳児死亡率も高かったが、出生率も高かった。少なくとも今のように少子高齢化などなかった。子供が産めない状況、育てられない状況、病弱な子供達を大切に育てる医療は本質的にどうなのという気すらする。

たんなるブログなので言い過ぎたらごめんなさい。



024002


025003


0270005

2011年5月 4日 (水)

今日は友達とスーパー銭湯へ

今日の休日は、旧友とスーパー銭湯で心身を P100086600506

リフレッシュしてきました。

古き良き友は本当に人生にゆとりと潤いを

与えてくれます。

お金がなくても、仕事がきつくても絆を持てる

友人がいれば何とかやっていけるものです。

分かち合える人との出会いはいいものです。 P1000865_2

2011年5月 3日 (火)

連休は家の近くで・・・・

  ゴールデンウイークですね。と言P1000858_2 っても私はこの3日間しか休みが取れませんでした。

貴重な休日は行楽地の混雑を避けて家の周りを散歩したり、冬のたたずまいを初夏に替えて過ごすつもりです。そして気心の知れた友達と会って他愛のない話をして、心身を癒します。私にとって友人は最高の宝で、とても大切な存在です。

みなさんも、この機会に自然や友人と語らうのはいかがですか?

最近のトラックバック

ウェブページ

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

他のアカウント

無料ブログはココログ

  • twitter
    ツイッターの入口です。

スピードくじ